オタクメモ

偏差値底辺なオタクがその時はまってることについて思ったことを喋るだけ。大体気持ち悪い

キンプリ感想、主に見てほしい箇所など

前回の記事で『無事、私の中でキンプリ通いが終わりました』とか
『10回に満たなかったですが、私はこれで終えます』『復活上映日、丁度その日そちらに行こうかと思っていたんですけど・・・それで見てたら笑える』など、容疑者は供述しており・・・

笑ってください!私は笑えないので!!
つまりそういうことです。順調に通い続け・・・ています。現在進行形です。
公式からの目標値もクリアしました。
実は前回含め2回ほど「これで終わりにする」と本気で思ったんですけどね
3週間経った頃、手足の震えが(比喩的表現)
結局今に至っております。エリートと名乗れない私は一体何者なのでしょう。患者ですか?

まだ現在進行形ですので、通い終わったその時またまとめて感想を書けたらと思っています。
「ここ見てください!」と思うところを強めに語っています。見てほしいのです本当に。
まだご近所で上映されてる、という方は余裕があればご注目頂けたらと思います。
もしくは円盤をゲットしたときにでも見てみてください。
萌えを共有したい、というオタク特有の性質です。\ごり押し遠慮して!/

※記憶力が鳥なため、正確さに欠けます。すいません。
※最後に箇条書きでまとめましたので流し読みで大丈夫です。 

 

★冒頭のathletic core
1回目のサビ、カヅキ先輩が「でかい未来 俺たちで組み替えろ」と歌っているところ
引きで3人映ると思うのですが、そこのヒロ様です。
サビ入りは眩しいほどの笑顔ですが、カヅキ先輩のパートになったときヒロ様はウィンクをしています。たしかここだったと思います。違ったらすいません。
笑顔も素敵です、ですがウィンクもナチュラルにできちゃう感じ・・・すごく、アイドルです・・・////

その後、ヒロ様のバック転やバック宙がありますね。
着地です。オバレ2周年DVDではここ目開けてると思うんですけど(非常に自信がない)
映画では、目を閉じてますよね?その違いも個人的にたまりません。(非常に自信がない)

(後日確認したところ、映画でも目を開けてました)


ですが見てほしいのは、そこですがちょっと違います。

着地後、ヒロ様のサイドの髪の毛が着地の風を受けてふわりと上がる、その毛先も良いです。
そして、着地から体制を整える・・・その見事なドヤ顔。\ヒロ様顔ー!!/

バック転など、すごいです。ドヤァもわかります。しかし、その素直なドヤァにときめきます。2周年DVDではこのドヤァないですよね?(非常に自信がry)
ドル力をカンストしている、と個人的に思っているんですけどそんなヒロ様がステージ上で見せる素直さと言いますか・・・アイドルである速水ヒロ様というより一個人としての速水ヒロ感といいますか・・・あの、わかります?(笑)

私はアイドル速水ヒロ様も大好きなんですけど、一瞬垣間見える速水ヒロ(17)にとても、とてもとてもときめきます。そういう性癖です。
さきほどの派生で、無限ハグです。ヒロ様の無限ハグについてはもう各所各人にごり押ししているヒロ様の無限ハグおばさんが私です。こんにちは。

 

 

ヒロの無限ハグは「これまで自分を偽りのスターとして卑下していたヒロが、ファンと向き合い、想いに応えられるようになった」という成長が表れたプリズムジャンプでもある。

引用:無限ハグとは (ムゲンハグとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

 

もう泣くしかないじゃないか!!!
とまぁ、概要はさておき
ここでシンちゃんにも無限にハグしますよね。シンちゃんをハグするヒロ様の後ろ姿が映りますね?ここです!!!

ばさばさ揺れる髪の毛
ばさばさ揺れるフード

・・・最高なんです。何度でも言います最高なんです。
ここがまさに私の最大の萌えポイント!ここはもう、マスコットの地獄に堕ちようとも叫び続けるでしょう。見てください。本当に見てください!!
わかっています、エリートの方たちならもうお気づきでしょうと。わかっているのですが、心が叫びたがっているんだ。
どう最高かと申しますと、揺れる髪の毛とフード、その後ろ姿からまさに先ほど記述した速水ヒロ(17)が見えませんか?見えませんか!?
ここは本当にアイドルである速水ヒロ様というより速水ヒロ(17)で、たまらんのです。
ヒロ様に関して、各シーンで毛先が揺れてるそのすべてに心を持っていかれる、多分フェチですかね?

ヒロ様って髪の毛細そうだよね・・・トリートメント的なものも行き届いてそうだし(意外とだらしない私生活してるっぽいけど仕事に関することだけはプロだからきっちりしてるところも最高、アイドルのプロ意識は尊さの極み)(朝ご飯抜いたり、着てた服のまま寝たり気づいたら裸だったり等、前科がある)

固すぎずやわすぎず、マッドで触り心地はパラダァ~イスなんだろうなぁ・・・など思い馳せます。
生まれ変わったらヒロ様の髪の毛になりたい。もしくはヒロ様の髪の毛に埋まって窒息死したい。ごめんなさい、気持ち悪いですね遠慮します。

 

『athletic core』に関しては、無限ハグのところが山です。あとはゆるい感想です。

ときめきサイクリング、\うん、全然平気/とアフレコしたあと
それまでヒロ様はまんまるおめめで実に楽しそうです。サイクリング楽しんでます。彼女に漕いでもらってるけど。
その後、彼女に対してキッスしますねスッスッスッ
伏し目がちなそれはまさに彼女を慈しむような慈愛に満ちているような・・・良い。
演技派だね!!!さすがヨッシャーマンなど数多く主演こなす人は違うや!!最高!!
ここで揺れる髪の毛も、髪の毛を耳にかけるところも、言わずもがな私の萌えポイントです。ありがとうございます。

その後それぞれ、濡れちまうぜ、おーいしっ、など終え3人が並走し夜空を駆けたのち翼を広げますね。
並走シーンで\はい!/と良い返事を我々がするところ、ここもヒロ様の揺れる髪の毛最高ポイントであることは間違いない。

「公道での二人乗りは禁止だよ☆」、お空に現れたオバレのアップ顔も良いですが
私は自転車の傍に立つヒロ様の首を垂れながら動く口が好きです。
お空のオバレは静止画ですが、立ち姿のところは口が動いてて良いです。大好きです。
そういう細かなところも動かしてくる、良い仕事してますね・・・ありがとうございます。


★ファンサを賜る気分を味わおう
アイドル等のライブにおいて、ファンサービスを頂けることは賜ることは至極光栄なことです。
○○してー!という数多くいるファンの中の一人でしかない自分の声が届いている、応えてもらう、ってとても幸福なことだと思うんです。最高でしかない。
何回もキンプリキメてるとさすがにここでアレをする、と覚えます。だからといって、あまりにアレなネタバレ叫ぶのは個人的にどうかと思うんですけども(笑)

・ユキ様初登場シーン\かんざしさしてー!/
・コウジくんの全米デビュー会見のおり、海辺で佇むヒロ様のシーン\髪の毛かけあげてー!/

私がファンサを賜りたいと声援を送るのは以上ですかね?もしかするとほかでも叫んでいるかもしれませんが(笑)

(ヒロ様が佇み迷いながら髪揺らすシーンは正直静かに見守りたい気持ちもありますが判断が難しいところです)
ファンサを賜るにあたり、頂いたのち\ありがとうございます!/と叫ぶのも個人的にポイントです。

 

★オバレの晩御飯
前菜?食べる順番?なにそれ?なお肉mgmgカヅキ先輩は国の天然記念物に指定したい。国をあげて保護するべき。
(様々なドラマCDを聴いて、より一層強くそう思う。カヅキ先輩を守りたい。コウジくんとヒロ様めっちゃ怖い)

 

EZ DO DANCE
カヅキ先輩とタイガくんのやりとり最高です。カヅキ先輩の先輩感、お兄ちゃん感がよく出ています。
タイガくんはそうやって突っかかってしまうけども、愛情の裏返しというか愛情所以なんだよね。おばさん知ってるよわかってるよ!と思いながら見守っています。

タイガくんの実家のご近所さんになりたい。いってらっしゃいと声をかけるおばさんになりたい。
その夢も、タイガくんがいつ上京したのか知りませんけどそれまでの、儚いものですね。
ふと実家に帰ってきたときに、まぁワンチャンあるでしょう。

 

少し話が逸れました、戻ります。
これはフォロワーであるキンプリヤクザの清原さん(笑)に教えていただいたのですが、最高オブ最高、まさに最高なのでぜひ皆さんにもお試しいただければと思います。

大和アレクサンダー\良い名前!/が登場したあと、カヅキ先輩の台詞
「ストリート系も(スゥ)アカデミー系も関係ない」の(スゥ)ですね。ここでカヅキ先輩が息を吸ってるんですけど
一緒に息を吸うと、すごい、すごい楽しいです!!教えてくれた清原さんありがとう!!!

息を吸って、あの場の空気(窒素、酸素、アルゴン、二酸化炭素、カヅキ先輩の先輩風、タイガくんのおこ、アレクのオーラ等)を取り込んで、こちらもバトルに備えます。
備えなければ巻き込まれます。ただでは済まないでしょう。我々は素人です。
ごちゃごちゃ訳の分からないことを言いましたが、とにかくあの場に溶け込めるような、微粒子の一つになれるような、気がします。
すごく楽しいです。
初めて試したその日から、もうこれをしないと耐えられないです。マスト、癖になるとはまさにこのことです。
何を言ってるのかわからねーと思うが・・・やってみればお分かりいただけるかと(笑)
「言ってる事がわからない…イカレてるのか?」なんて思わないでください、百聞は一見に如かず、です。

あとカヅキ先輩のダンス色っぽくないですか?アレクのダンスはアスリート感およびストリート感がすごいんですよ。すごいギザギザハート。尖ってる。
でもカヅキ先輩の、しなやかな動き、色っぽさ・・・これは年齢の差なのでしょうか?カヅキ先輩、いつどこでそんな色気を手に入れたんですか・・・?
アレクだってしなやかさがないわけじゃないし、色っぽいんだけど、なにかが何かがカヅキ先輩と違う。

言わずもがな、ケツみつとスイッチが入ったコウジくん、シンちゃんの無限ハグを受けぐったりするエデロ生、最高です。


★Flavor
正直Flavorはもうなんかキンブレ振ることを忘れ、色々な感情が溢れすぎて語るに語れない。
色々な方と話していて思うのですが、「誓うよ~」のところでみんなの瞳にそれぞれ顔が映っていることを知らない方が多いなぁと驚いています。あ、ちが、喧嘩売ってるとかじゃないです!!本当に、ただ純粋に驚いてるだけです!
見てほしいポイントであることは間違いないですね。

お別れシーン、完全に息してません。無理無理無理無理って、感情がぐちゃぐちゃになってます。
カヅキ先輩とヒロ様の、顔の違い。ヒロ様は完全にまゆげが下がってて、本当に寂しそうで・・・カヅキ先輩だって寂しいのに、気丈に振る舞ってる感じ、両方あって両方良い。
ハリウッドへ向け、発車・・・ヒロ様が追いかけ、コウジくんの名前を呼び続けるところ(行かないでとも寂しいとも言わずただひたすらに名前を呼び続ける、そこに籠められた言葉にならない言葉や感情のことを想うと500回くらいしぬ)、これはもう何も言わずともって感じですが
私がお伝えしたいのは、2点です。

・電車を追いかけるヒロ様、追いかけながら何かを振り払うように顔を振る
・「ありがとうヒロ!」というコウジくんの声

何かを振り払うヒロ様、後ろ姿なので顔はわかりませんがオバレ座が現れステージに残された二人は泣いてます。ヒロ様なんてぼろっぼろ泣いてます。
ですので、追いかけている時も涙腺崩壊してる可能性があります。
もしかするとあふれ出る涙を顔振って散らしているのかもしれません。イマジン。

 

コウジくん!とか行かないで!とか皆さん感情のまま声を出してますね。わかります、わかりますよ。ヒロ様が行かないでとか言わないから、言わないからですよね?わかります。
その声にコウジくんの「ありがとうヒロ!」が掻き消されてしまうのも、仕方がないと言えば仕方がない。わかるんです。
ただ、やはりそのコウジくんの声はぜひ聞いてほしいなって思うのです。
コウジくんって、落ち着きのある声してるじゃないですか。キンプリではその声が、大変色っぽくなってらっしゃ、るじゃないですか。
ただここの「ありがとうヒロ!」の声はすごい、コウジくんの普段とは違う一面が見えるといいますか・・・ちょっと幼げであるような、といいますか・・・
コウジくんであることは間違いない。コウジくんぽくないとか、柿原さんじゃんとか思いません。コウジくんへの疑いも、柿原さんの演技に対する不安等もありません。

コウジくんなんだけど、なんだけど・・・聞いて!とにかく聞いて!うまく伝えられないから意識して聞いたことないって人は聞いてほんとまじで頼む!!

~以下、妄想~
(何かを振り払うように顔を振りコウジくんの名前を呼び続けるヒロ様、感情が高ぶり「行かないで!」と引き留めてしまいそうになる弱さがちらつき、それを止まない涙と共に振り払っているのではないか)
(ありがとうヒロ、のこの落ち着きとっぱらったような声には出会った頃まで遡って感謝が籠められている、伝えているように聞こえる)
~妄想終了~


★Over the Sunshine!
本当に、冒頭からかっ飛ばしてますよね・・・一秒一秒見逃せない。
映画全体そうですが、ここは特に。集中力が一番試されているような気がします。目が足りない。
試される大地ならぬ、試されるファン。

「一条シン、いきまーす!」のあと「レッツプリズムショー!」とCooさんのお声が舞い降りるのは皆さん同じかと思います(笑)

 

イントロ「Only one love! Only one Hug! Only one Smile! present for you!」と始まりますね。
ここでシンちゃんは暗転からウィンク(so cute!)かましますが
ウィンクの前、指差しを下から持ってくるその横顔、見切れる瞬間、シンちゃんは閉じていた目を開きます。開眼です。
厳密に言うと「Only one Smile!」の「Smile!」あたりですかね?
そこがもう、シンちゃんの攻め物語の始まりです。本当に一瞬なので私も運が悪いと見逃すのですが、意識して見るようにしています。ここに気づけたのはプリズムの導きとしか思えないくらい本当に一瞬です。

 

キンプリエリート二次会のニコ生でも言われてましたが、シンちゃんはなかなかに攻めです。攻めポテンシャルばり高です。おそろしい。
個人的には、このポテンシャル・・・コウジくんに匹敵するのでは・・・?など思います。
ニコ生でシンちゃんの初期画ですか?シンちゃんは中3か高1か定まってなかった頃のものだそうで
その画は映画で見ているシンちゃんより多少大人っぽく描かれているというか・・・男らしいというか・・・一言で言うと攻め。
え?中3or高1でこの攻め具合・・・?え?まって、ちょっとまって、え、ちょま、落ち着くからちょっと時間頂戴。

 

西さん、だと思うんですけど西さんも攻めだとおっしゃってますし、本当に攻め。

コウジくんも攻めだと公式から発言がありますが、それは映画でよく顕れてますね。
おーいしっ、とかなんだよその顔。遠慮してよ始まりからいきなりこっちのHP0にする気かよ!!など思います。それくらい、もうコウジくんの攻め具合は際立っています。
コウジくんは映画において高3。攻め具合も磨きがかかるのはわかります。
しかしですね、シンちゃんは中3なのです・・・もう一度言いますけど中3ですよ!?
このまま順調に高3になった場合、化け物じゃないっすか・・・モンスターっすよ。おそろしい。

 

シンちゃんの攻め具合が顕れているのは冒頭の開眼、そしてもう一つあります。知らない方にはぜひ見てほしいです。
「ざわめくシグナル」の、腹部から手を交互に上へ持ってくる振り付けのところ。
アングルも下からで、シンちゃんは少し伏し目がち、といっても微々たるものですが
そこです。アングルのおかげで見下されているような気分になり、シンちゃんの可愛さ素直さがよくわかる普段の瞳と違いなんていうの?妖艶っていうの?色気がパネェ。
見下しアングルとシンちゃんの80%開眼で己の、普段は息もしていない女の部分が反応します。
ここも一瞬なので、ぜひ集中して見てほしいです。
言ったじゃないですか、冒頭からかっ飛ばしていると。一瞬たりとも萌えに呑まれ集中力を欠いてなどいられないのです。目が足りない。

その一瞬垣間見える色っぽさ、とバシバシフルボッコしてくる可愛さ乱舞とでもうやめてオタクのライフはゼロよ!!
ちょいちょい映るエデロ生も可愛いしさーもう無理ィ!!\誰か救急車呼んでー!/

タイガくんとカケルくんとか動きシンクロしてるし、普段やいやいしてるくせに、仲良しかよ全然知ってた。一万年と二千年前から知ってた。

 

\ここだよー!/から先輩たちがエデロの制服に身を包み登場。
余談ですがサントラの『Over the Sunshine! -Shin with Over The Rainbow ver.-』の

\ここだよー!/

でコウジくんの声が大きめになってるところ、すごく好きです。

 

先輩たちが登場し、一緒に踊りますね。私はヒロ担なので、申し訳ないのですがほぼヒロ様しか見ていません。目が足りません。円盤を手にしたときくまなく見たいと思います。先に謝罪しておきます。

シンちゃんのダンスも見事です。よくその足さばきできるね、ステップできるね、全身で音とってるね、すごいね!と感心しつつ
先輩(すいませんヒロ様しか見てません)のダンスはやはり違うな、と。
シンちゃんのダンスは本当に楽しそうで全身で音をとって音に乗って、見ているこちらも楽しい気持ちになります。
しかしヒロ様のダンスは音に乗る、というより音を乗りこなしているというか
うまく言えないことがとても辛いのですが(語彙は、死んだ)シンちゃんとはまた一味違う。
ステージ慣れしている、経験値の違いが出てるように感じます。もちろん、シンちゃんがダンス下手だとかそんな風に言ってるんじゃないですよ?

シンちゃんのダンスはフレッシュさの権化
ヒロ様のダンスはプロフェッショナル

こんな、感じなんですけど・・・わかって、いただけるでしょうか?完全に妄想と言い切れないんですけど(笑)
ほら、EZDDで今日は筋肉のハリが違うとか筋肉の筋が、とか・・・思いますよね?そんな感じです。
何言ってんだコイツ、と思う方は、個人の感覚・可哀想なオタクの妄想だと遠ざけていただければ幸いです。危ないオタクには近寄らないのが最善の対処法です。

 

ヒロ様のダンスはどこも最高なんですけど、髪の毛厨として一番を決めるならば
先輩たちが登場したサビ「キラめくための理由はいつも 同じ場所にあるよ」の「場所」のところです。
肘を支点に腕を左右振るところが最高です。これは回を重ねる前からずっと思ってました。
この振り付けも好きですし、揺れる髪の毛も可愛すぎて言葉にできない。
すごい細かなところに焦点当てて語ってますけど、サビの振り付けが全体的に好きです。
ダンスの柔軟さとキレ、共存してます。私はそう思います。ここの振り付け最高です。

 

続きまして、もう一つの萌えポイント。
これはツイッターで拝見し、その後映画でチェックしたら「うわあああああああ!!!くぁwせdrftgyふじこlp」となりました。

 

「君へと(Diving!)」のあとですね、ヒロ様とシンちゃんが映るんですけどここでシンちゃんが一瞬ヒロ様を見ているんです。ということをRTで教えていただきまして
最高でした。ここもなかなか難易度が高い、一瞬なんですがぜひ!!
個人の感覚で、ここのシンちゃんは本当に楽しそうで先輩たちと踊れるのが楽しいと心から思っているように感じます。


他にも最高!と思うダンスはあるんですけど、ちょっと記憶が・・・あと気になるシーンもあるんですけど要検証です。まだ見に行くので!その時チェックしてきます!
とりあえず『Over the Sunshine!』は細かな仕草もダンスもすべて、すべて見逃せないのです。

 

あと曲が終わって、ヒロ様の涙を拭うカヅキ先輩のシーン。最高。
肩に置かれたカヅキ先輩の手、涙を拭われたあとのヒロ様の笑顔

あぁ、この二人もまた打ち解けたんだな・・・って胸がギュッてなります。

RLでヒロ様とカヅキ先輩はバトルしてたし、ここで逃げたらってヒロ様鼓舞したりしたけどもドラマCDでも打ち解けてることに何の疑いもなかったけど
グループとして、仲良くするだけじゃなくちゃんと弱さも見せられるようになったのねヒロ様・・・と、すごく胸が締め付けられるのです。
無限ハグを飛べるようになったヒロ様の成長は、ファンと向き合い想いに応えられるようになったってだけではないのではないでしょうか。
弱さを見せられること、それだけ他人を信頼すること、それもまた強さだと思います。ヒロ様は成長し、強くなりました。そう感じます。
それはされおきここのヒロ様は最高に可愛いですけど。

 

シンちゃんに駆け寄るエデロ生の可愛さも尊い。
シンちゃんのプリズムショーは、たしかにみんなを笑顔にしました。
あの場にいたみんな、スクリーン前の我々、すべての人に笑顔を届けました。ありがとう。


★ドラマチックLOVE
エンディングです。ここはエデロ生の立ち絵と、上から立ち絵アップが流れてきますね。
みんな大好きです。松浦さんはやはり神か、ってなります。
しかし全員分細かく語ると朝まで付き合ってもらうぜ、と星座にならなくちゃいけなくなるのでとくに!ってことだけ語ります。

レオくんです。そう、ロリポップキューティーレオくんです。
レオくんの立ち絵、全体像がある左側だけだとちょっとわかりにくいんですけど
アップになった絵ですね、萌えが、萌えが詰まってます!

 

まずズボンの裾、この安全ピンが最高。可愛さ、伸びしろ、など色々ありますが
可愛さも感じつつ、男の子っぽさも感じて・・・あー最高だよー!!!
フルバの紅葉くん、わかります?登場したころは本当に可愛らしかったのに、物語が進むと身長が伸びて可愛さよりイケメンさが際立ったあの感じです。
フルバの紅葉くんルートを、レオくんには期待してやまないです。
お風呂でレオくんがユキ様と語らっているシーン、皆さんと同じく\なれるよー!/って私も叫びますが、根拠を上げるならばその安全ピンですね。
大丈夫、なれるよ、レオくん良いよ!!
そのままの君でも最高に可愛いけどね!時間を閉じ込めて永遠にしたいとか一瞬思ってしまうね!時は流れてしまうね、人の成長は時折残酷だね、時間は戻せないね・・・ん?何言ってんだ私。

安全ピン、シンちゃんじゃないですけど私はそこに攻めとしての可能性を見ています。

 

まずズボンの裾、ということで私の萌えはもう一つあります。
腕および手です。
半袖から覗く二の腕の具合と、こちらを誘うような手。良くないですか?
あの指とか、手の形とか、すべてが、すべてが最高。美しい・・・
平面図ですけど、思わずその差し伸べられた手を取りたくなりませんか?私はなります。
誘われたその先は、間違いなくパラダァ~イスでしょうね。

本当にみんな大好きなんですけどとくに見てほしいのはレオくんということで
これからまだ映画を見に行く方や、円盤をゲットした暁には見てみてください。
それかぐーぐる先生が教えてくれるかもしれないので、ぐぐってみてください。


まだ私はキンプリをキメるのでちゃんとして感想は終わってからと思っていたんですけど
思いのほか語ってしまいました。これもう語ることないんじゃない?いえ、見に行くたび新たな発見があるので、また機会があれば語らせていただきます。いや、わからないけど本当に思いのほか語りつくした感がある。
本当に長々と語りすぎて要領を得ないので、以下まとめです。


★冒頭のathletic core
・カヅキ先輩が「でかい未来 俺たちで組み替えろ」と歌っているところのヒロ様のウィンク
・ヒロ様のバック転バック宙後のドヤ顔、舞い上がる髪
・シンちゃんに無限ハグしてるヒロ様の後ろ姿(揺れる髪の毛とばさばさ動くフード)
・ときめきサイクリングで頬キッス前後のヒロ様の髪の毛と伏し目具合
・サイクリングでオバレが並走してるとき、アップになったヒロ様の髪の毛のなびき
・「公道での二人乗り~」と言ってるシーンのヒロ様の首の垂れ具合と喋ってる口

★ファンサを賜る気分を味わおう
各位でどうぞ。しかし過度なネタバレは苦手な人も多いことを念頭に置きましょう。
頂いたあとは「ありがとうございます」と感謝を伝えるとファンサ貰ってる感が一層増す。
(宗教感も増す)

★オバレの晩御飯
カヅキ先輩を守りたい

EZ DO DANCE
・カヅキ先輩の「ストリート系も(スゥ)アカデミー系も関係ない」の(スゥ)で一緒に息を吸う
キンプリヤクザの清原さん(笑) \ありがとー!!/

★Flavor
・電車を追いかけるヒロ様、追いかけながら何かを振り払うように顔を振る
・「ありがとうヒロ!」というコウジくんの声

★Over the Sunshine!
・冒頭「Only one Smile!」のシンちゃんが開眼するところヤバイ
・「ざわめくシグナル」のシンちゃんの下からアングル&伏し目がヤバイ
・先輩たちが登場したサビ「キラめくための理由はいつも 同じ場所にあるよ」の「場所」、ヒロ様のダンスと髪の毛の揺れ最高
・「君へと(Diving!)」のあと、シンちゃんがヒロ様へ目配せしてる
・カケルくんとタイガくんのシンクロ芸

★ドラマチックLOVE
・レオくんのズボンの裾の安全ピン
・レオくんの半袖から伸びる二の腕とこちら誘うような手

 

以上の、どこか一つでも知らないわってところがあれば・・・見てみてください。
わかりにくければ、これをヒントに探してみてください。
とくに太字、テストに出ないけどテストに出ます。