オタクメモ

偏差値底辺なオタクがその時はまってることについて思ったことを喋るだけ。大体気持ち悪いし大体にわか。

うたプリRレン様ルート終わりました「夢と君を抱きしめたい」

終わりました。ですので感想です。
これもまた以前にやっているんですけど、覚えてません(笑)

 


本当はセシくんルートやろうと思ったんですよ。というか冒頭やったんですよ。
そしたらこれ、セシくんルートは全員クリアするとできるようになるのでそりゃそうなんだけど盛大にネタバレかましてくるぞ!?って気づいて
全員やったあと挑もうとそっ閉じしました(笑)

ですのでまずレン様ルートへゴー!正直に申し上げて最初めちゃくちゃイラッとしました。
だって練習出てくれないんだもん!春ちゃんに冷たいんだもん!!
トキヤさんルートでも思ったけど、私は、春ちゃんのモンペ、属性が多少あるのかもしれません。
春ちゃんには優しくしてあげてよぉ・・・!
春ちゃん頑張ってるのに不真面目じゃんレン様。
トキヤさんとなっちゃんルートやったけど、少なくとも二人は春ちゃんと練習しようって意志があったと思うよ!
それがどうだい?レン様ちょっとどうなってんの!!!
今のところ、この初期の辛辣具合がレン様一番きついです・・・しんどかった。

でも話を進めていくうちにレン様がどうしてこう、ひねくれてるというか
本気になれない、本気になるのが怖い、みたいな感じなのか垣間見えてくるわけで
まぁ様への敵対心の理由とか
7月に春ちゃんが落とし穴に落ちて死ぬんだって、でも自分がいなくなっても困る人なんていないって
そんな落ち込んでた春ちゃんを救って、レン様は言うんだよ
「必要ない人間はいない、いてはいけない」みたいなことを・・・
私はね、ここでハッとしましたね。これ、この言葉・・・レン様のことじゃって

泣いた。

まぁ様へ敵対心むき出しにしてるとき言ってたじゃん?
まぁ様はなんでも持ってる、それがどれだけ幸せなことなのかわかってないって。
羨望、から嫉妬になって、憎しみへってね・・・
まぁ様もまぁ様で色々しがらみがあって辛いけど、そんなこたぁどうでもいいと
知らんと。ただただレン様にないものをすべて持ってるまぁ様が羨ましくて憎かったんだよね。

夏からさらに話は進み
おやおや?って、ハッとした気持ちは確信へ変わるわけです。
なんかレン様って、自分のこと軽んじてるよなって。自尊心低いというか
春ちゃんの才能を認めて「春ちゃんは自分がいなくても作曲家になれる」とか、なるべきとか
11月冒頭でそのようなことを口にしてて・・・

これまで自信満々に女性を侍らせていらっしゃいましたが
この男、結構自尊心低いぞ?
そして学祭の準備中、すごく生き生きしてたじゃん。春ちゃんと自分の出し物の準備して
でもさ、その居心地の良さというか、春ちゃんの優しさが怖くなっちゃったのか距離置こうとしたんだよ11月の半ばか12月か忘れたけど
もうその時「素直になっちゃえよ!!!!!!」ってクソデカ感情吹き出ましたよね。
自尊心が低い上に、臆病じゃんレン様・・・

からの、ジョーシさんの言葉よね。
ここめっちゃ泣いた・・・レン様、レン様って、泣いた。
レン様がこのようになってしまった原因、根っこにあるもの
親から必要とされなかった幼少期、っていうな
子供にとって親って、すべてじゃん?ある程度歳を重ねれば世界が広がって考え方も変わるけど
とにかく子供にとって親がすべてなのに、その親からひどい言葉をいっぱい聞かされて
いらないって、必要ないって、半ば呪いの様に浴びせられて
自尊心の低さ、そして女の子たちが求める姿を演じる
ただただ、自分が誰かに必要とされるために。

「必要ない人間はいない、いてはいけない」ってそういうことなんですよ!!!

この言葉聞いたときにおやおや?とは思ったけど
ジョージさんの言葉聞いてすべてが繋がって、泣きました。
春ちゃん!お願いいますぐ時空を超えてショタレン様を抱きしめてあげて!!
未来で待ってるって、抱きしめて、あなたは私にとってなくてはならない必要な人間だよって!言ってあげて!!!
レン様の幸せを全力で願った。

そして春ちゃんの留学話が出て、春ちゃん相談するけど背中押すでしょ。
春ちゃんにとってそれが一番いいことだって思って
本当は春ちゃんが必要としてる言葉がわかってたはずなのに、飲み込んだんでしょ?
素直になっちゃえよおおおお!!!頼むよおおおお!!!
誰かに必要とされたいと願い続けて、女性が喜ぶ姿を演じて
そうして生きてきたんだもの、このとき春ちゃんが求めてた言葉だってわかってたはずだよ!
どうして言ってあげないの!!!いや、それもね、後々わかるんですけど(笑)

春ちゃんが留学する、っていう最後の夜
「手放したくない」って小さい声で言うところ
小さい声で言うところ!!サビだから繰り返すよ!!
初めて、初めてこのとき縋りついたんじゃない?本当に欲しいものに。
小さい声ってのがポイントだよね。

レン様ってまじ自尊心低いじゃん?
だから今まで本当に欲しいものに対して、欲しいって絶対口に出せなかったんじゃない?
本当に欲しいものこそ、欲しいって言えなかったんじゃないかって思いました。
欲しいものをずっとずっと我慢して生きてきたんじゃないかなって。
だからね、手放したくないって縋りつく言葉も不慣れで声が小さくなっちゃったのかなって・・・
不慣れなことと、自信がなかったから声が小さくなっちゃったんだよきっと。

春ちゃんに相談されたとき、引き留めて欲しいこともわかってたけど、本当に欲しいものだったからこそ
怖くなって、春ちゃんにとって留学は良いことだって自分に言い訳して
欲しいものへと手を伸ばせない、その臆病な気持ちを丸め込もうとしたんじゃない?
結局自分を抑えることができず、手放したくないと抱きしめたわけですが

まじレン様ルートはレン様の塩対応と、こうした情熱的な対応とって
温度差で風邪ひくわ!!
まぁ私が勝手に風邪引こうと知ったこっちゃないですが
春ちゃんは本編で風邪引きますね。
そこでレン様が「優しく介抱してもらいたかった」ってさ・・・
言うんですよこの男は!!!泣きますよ!!!
レン様、風邪引いたりとかしてもお母さんもういなかったから優しく介抱されたことないんだよね。
ジョージさんいたけど、ジョージさんの介抱は優しくなかったって言ってたし
はぁ・・・しんど。
レン様ルートって幼少期の孤独をちょいちょい出してくるからマジでしんどい。

レン様ルートはお兄様との確執もあるわけで
まぁこれは最終的に解消されるけど
そこも泣くじゃん?兄ちゃんめっちゃ良い人じゃん?

ジョージさんがレン様のこと教えてくれたときに言ってたけど
レン様は馬鹿だって、周りにある優しさに気付けてないって
こういうことなんですよ・・・お兄ちゃんの優しさにも気づいてなかった。
でも最後は気付けたかなって・・・よかったねって、泣きましたハイ。

マジラブキングダムのセリフでもレン様は「愛」って言葉を多用してて
このとき他の方たちもそれぞれキーワードになりそうなこと言ってて
トキヤさんとなっちゃんはその言葉通りな物語で
レン様ルートもまさに「愛」がテーマな物語でしたね。
誰も愛せないと言われていたレン様が愛を見つけて
優しさ、もとい周りから注がれる愛情にも気づけるようになって・・・

誰かを愛し誰かを求めることへの恐怖心を克服したように感じます。
そして他者から注がれる愛に恐れることなく手を伸ばせるようになったのかななんて泣きました。

うたプリは乙女ゲーだけど
それぞれのルート、それぞれ課題を乗り越えて成長してく姿を見るのが楽しいゲームだなって思います。
もちろん乙女ゲーとしても楽しいしときめくんだけど
本当良いゲームだよ・・・最高。