オタクメモ

メモとか。偏差値底辺なオタクがその時はまってることについて思ったことを喋るだけ

『Free!-Timeless Medley-約束』見ましたよ

なるべく、見たものの感想を拙くても残していこうっていうライフスタイルに変更したので・・・

 

 

今日はフリーの映画見てきました。前作もフォロワーさんに必修科目だって言われて履修したので今作も遅ればせながら。

前作でも思ったことだけど

私の記憶って本当に息してないなぁって・・・

今回もなんかこんなの、あったような気がする覚えてる、覚えてるんだけど

時系列がぐちゃぐちゃになってて

映画本編はそりゃ時系列に沿ってやってくれてるのわかるけど

あれこの順番だったっけ??ってなった。

私の記憶力はミジンコ以下なんですな。

 

前作は岩鳶にスポット当ててて

今回は鮫柄ですね。

前作も見てて、今作同様にこれまた思ったことなんだけど

「私、テレビで何見てたんだろう」って・・・

知ってる、知ってるけどここまでみんな葛藤して苦しんでたんだって

私何見てたんだろうほんと、なにを、見て・・・

 

フリーはとても美しい青春グラフィティでした。

 

前作の感想書いてないけど、まぁそれは結構見たの前だから置いといて

映画はほんと主軸を詰め込みました!って感じだから

アホな私でも彼らの葛藤や苦しみ、魅力に気づけたんだと思います。

私のように、本編見てたけどそこまで熱中しなかったなって人こそ見るべきなのでは!?っていう

確かに前作も見て今作見るのが正しいし間違いなくそれが一番なんだけど

今作だけでも、今からでも!!前作観てないからなーなんて思わず見てくれ!!ってなりました。

フォロワーさんも言ってた、とにかく見てほしいって。わかる、超わかる。

 

約束の冒頭から涙腺決壊。

隣の人たちは涙拭いてる仕草とかなく、私一人がボロボロ泣いてほんと、ほんともう・・・

正気?起きてる?どうして泣かずにこれが見れるの??ってなりました。

松岡家ご両親、初登場?本編でも出たっけ?

なんつー・・・顔面偏差値、最強かよって

ちっちゃい松岡兄妹も可愛くて可愛くて・・・まず泣くじゃん

そして凛ちゃんが、水泳をする理由が明かされるわけですが

(多分テレビでもやったのかもしれないけどご両親が出てきて、ってここまではやってないよね)

泣くじゃん・・・凛ちゃんはお母さんと江ちゃんを守らなきゃ支えなきゃって

小さな背中に重すぎるものを背負う、そんな姿に泣かずにはいられない、私です。

キンプラでも似たようなこと書いた記憶あるけど、本当に辛い

そんなことがあっても、小学校で笑えてた凛ちゃんの強さ尊さ・・・きっと水泳っていう打ち込めるものがあってそれが入口となって得られた出会いもあって

笑えるようになったんだと、思うんだけど

辛い、辛い・・・ただただ、辛い、凛ぢゃんんんんn;;;;;

 

前作でもね、感じた事なんだけど

ハルちゃんと凛ちゃんは特別な関係で

お互いじゃなきゃ駄目でっていうことが、前作で本当によくわかった。

今作でも、やっぱりそうなんだなって

そういう腐った目線じゃなくて、宿命っていうのか運命っていうのか

2人の出会いは何度世界を繰り返しても変えちゃいけない

いや、何があっても変えられないのでは??とさえ思える強い関係だよね

多分それは、前作ではまこちゃんが今作では宗介くんが感じてたことで

ハルちゃんと凛ちゃん以上に、2人はこの2人が特別だってことわかってて

それがまた、辛いのよ・・・

別に私も2人を贔屓してるとかじゃなくて、それでもそう感じて止まなかった。

多分それも見せようと思って構成されてると思うんだ。

まこちゃんも凛ちゃんになれたらとか

宗介くんもハルちゃんになれたらって

多分上のは、うまく言えてないって自覚はある

2人には2人にしかできないことがあって、それをハルちゃんや凛ちゃんが代わることはできないのと同じで、2人の代わりができる人なんていないんだよ

コンプレックス感じてるよね?って感じるシーンが多くてだね

すごく胸が苦しくなった

 

前作の話もしちゃってるけど、今回はする気ないんで!ないから!!

鮫柄編ってことで似鳥くんとももちゃんも結構出てきて

似鳥くんって、こんな努力して、たんだって・・・

本編ではそこまで気づけなくて、リレーの選手になれた似鳥くんの喜びに共鳴してウワアアアアアってばばあ泣くし

ももちゃんって、こ、こんな、可愛らしくて癒しパワーフルスロットルな子だったの・・・?って

テレビでは気づけなかったことに気づいて、ももちゃん結構好きです好きになりました。

ももちゃん可愛いよぉ;;;本当に可愛いお菓子買ってあげたい

そして宗介くんですよ・・・宗介くんは、元々好きなんですけど

まぁ、ほそやんさんが好きでしてね・・・

宗介くんがどんな思いで凛ちゃんがいなくなったあと過ごしていたのかとか

どういう思いがあって肩を壊してしまうまでに至ったのかとか

多分テレビでやってたはずなんだけど!はずなんだけど私馬鹿だったから全然理解してなかったの!馬鹿!あたしってほんと馬鹿!マミれよほんとクソオタめ

あと宗介くんのリアリスト具合が「ああああああ好き!!」って

リアリストだけど、リアリストだからこそロマンチストというか夢想家というか夢をただ純粋に追いかけられる人が羨ましかったんだねって

妄想だけど、思ったわけなのよ。私も、わかるって・・・

純粋に夢を追いかけられる人ってすごいよね・・・怖いもの知らずで、すごいなって

私個人は思う。それに似た思いが宗介くんにもあったのかなって・・・妄想だよ。

 

凛ちゃんと宗介くんのシーンは軒並み泣きました。

どこが、とかじゃないよ、全部だよ全部。

2人の関係も間違いなく唯一無二なんだよねって、本当に尊いのなんのって

終わりごろ、肩が治らないなんて誰が決めたみたいな・・・凛ちゃんが言うんだけど

その前に、似鳥くんに宗介くんが「凛ならこう言う」みたいなシーンがあって

あぁ本当に言ってるって・・・

似鳥くんも、宗介くんもそう言ってもらえてどれほど救われたんだろうって

きっと宗介くんにとってはこれから茨の道になるだろうし、なんて無責任なこと言ってくれるんだとも思うけど

きっと他の誰でもない、凛ちゃんにその一言を言ってもらいたかったんじゃないかなって

凛ちゃんからじゃなきゃ意味ない。

本人が諦めかけてるのに、大事な人はまだ諦めてないって場合によってはすごい力になると思う。ってことを色々考えてまた泣くわけだよ。ハンカチべちょべちょな。

 

こうテレビは、馬鹿な私ではそれぞれの時間軸とかやりとりとか覚えてられない

でも映画って、そんな馬鹿に一番優しい作りになってる。

こ、こんなん、ハマらないわけないだろって・・・

当時激ハマりしてる方たちを遠目から見てたけど、こういうことだったのかって

みんな頭がよかったんだねすごいよ・・・でも馬鹿な私もやっとみんなと同じ景色が見られたんじゃないかな映画で・・・

ありがとう映画、サンキュー映画、フォーエバーフリー!!

 

あと今回の映画

卒業してその後?みたいなのちらっとやって

あぁ大人になったというか、これから大人になっていくんだけど

成長したなって・・・色んなことが色んな人とあって、今があるんだなって・・・

信号が青になって踏み出した一歩、他のみんなもそれぞれ踏み出した一歩

偉大な、一歩だ・・・バンプもそんなこと歌ってるよね

知らなきゃいけないのは1と0の間、みたいなさ・・・

こういうことですよ!!!!

 

フリーわかるよって人には間違いなく見てほしい映画です。